【2】「相対」から「絶対」へ

この記事は、1月17日(土)からスタートするセミナー告知の第2回です。

【1】私が死にかけたときのリアルな体験談からお読みいただけると、
よりわかりやすいと思います。

私は術後、救命救急センターで死にかけ、生還し、
生まれ変わったのでした・・・

つづきです。

この状態で、病院で第五章の前半を書き、

残りを退院後に書き、

無事出版し、今に至る、というわけです。

今まで、本やブログ、セミナーなどで、
一貫して伝えようとしているものがありました。

感覚的に、はっきりとした、伝えたい世界がありました。

しかし、自分でも、
それが何なのか、
明確に表現することはできませんでした。

私の著書を読んで泣いたという人

私の言葉はすごく胸に響く、と言ってくれたり、

飛行機に乗ってでもセミナーに来てくれる人などは、

この「何か」を、感覚的にキャッチし、
共鳴しているのだと思っています。

その「何か」が何なのか、ようやくわかりました。

今なら、はっきりと、言葉にできます。

私が一貫して伝えたいこと。

それを一言で言うと、

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥

◎ 「相対」から「絶対」へ

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥

ということです。

今回のセミナーでは、
さらに強力に、それを、伝えたいと思っています。

「相対」とは、周りと比べてどうか、という判断です。

たとえば、
若い、収入がいい、かわいくない、モテる、太っている、など、

すべての評価は、周りよりもどうか、と比較したものなのです。

人生で言うと、要するに、「勝ち負け」の価値観です。

一方、「絶対」とは、

比較ではなく、「自分はどうか」ということ。

比較がないので、「勝ち負け」はありません。

私たちはだれでも、内側に、揺れないものを持っています。

その揺れない「絶対」を取り出すのが、
私がいつもおすすめしている
「モーニングページ」や「内観」なのです。

自分の本当の内側の声は
「あの人にこう思われるから・・・」とはけっして言いません。

「私はこうだ」と言っています。

◎ 内側に耳を傾ければ、「絶対」の声が聞こえます。

外側にばかり耳を傾けると、
「相対」の世界に引きずり込まれます。

そして、

◎ 「相対」の世界では、少数の勝者と、多数の敗者が生まれます。

「相対」は数少ない勝者にとってだけは、楽しく気分がよい世界です。

そして大多数の人は、数少ない勝者になろうとしているし、
そういう本や教え、セミナーなどがほとんどですね。

しかし、当然のことながら、そして残念ながら、
ほとんどの敗者は敗者のままです。

少数の勝者が、「相対」の世界で楽しく生きている中、
敗者たちは、なんとか勝者になろうとして、もがいて、
敗者のまま苦しみます。

そんな敗者が苦しみもがく中で、

勝とうとすることに疲れて、あきらめたとき、
「絶対」の世界への扉に、気づく可能性が生まれます。

だからといって、ここで、
けっして誤解してはいけないのが、

貧しくつましい生活でも幸せを感じなさい、

などと言っているわけでは、まったくない、ということです。

それもある意味では相対の中にいるのですよ。

だって、わざわざ
「貧しくても」とか「お金がなくても愛があれば」のように強調して、
貧富を問題にする意識があるわけですから。

一杯のかけそば?

いやいや、銀座の老舗のそばのほうが
ふつーに美味しいと思いますけど?(笑)

勝者の暮らし、それは楽しいでしょう。快適でしょう。

どちらかを選べるならば、そちらのほうがいいですよ。
便利で、快適で。

ですから、私が伝えたいのは、
「貧しくても幸せ」とか、
そんな負け惜しみ的なものでは、まったくありません。

◎ 「絶対」の人は、「相対」の世界で勝つこともできる

のです。

しかし、「相対」で勝つことを追い求めている人は、
「絶対」の世界を知ることはできません。

双方向的ではなく、一方通行なのです。

そして、重要なのは、

◎ 「相対」は有限、「絶対」は無限

ということです。

「相対」なんて、所詮、人がいて、
比べるものがあって、成り立つもの
です。

逆にいえば、比べるものが消えれば、勝者でも何でもなくなる。

気分のよさも、消えてしまう。

そんな幸せは、限定された、知れたものでしょう。

しかし、「絶対」は、無限の至福の感覚なのですよ。

至福といっても、

「チョー気分が上がるー」とか

「全部ほしい、なんでもほしい、
雪崩のようにいいことが起こる!」

とか、そういった浮き足立ったものではなくて、

しっかりと地に足の着いた感覚で、

自分の足元から、地球(地べた)に広がっていくと同時に、
宇宙(上のほう)にも広がり
周りの世界にも、どこまでも広がっていくような、
たしかな幸せの感覚
です。

頭も働き、千里眼も手に入ります。

これまで、この至福の「絶対」の世界を伝えたくて、
あの手この手でがんばっていましたが、

私自身も、死にかけるまでは、
まだまだ「相対」の世界に引きずられていて、
ここまでクリアに感じとることができませんでしたよ。

◎ すべての苦しみは、相対から生まれます。

「絶対」の世界には、苦しみはありません。

これは言われてみれば、あたりまえかもしれませんが、
私は、ようやく最近、はっきりとわかりました。

「相対」で生きるのは、苦しいよ。
まったく休まらない。

でも、興奮や刺激もあるから、楽しいのですよね。

(「絶対」であっても、「相対」も、より楽しめますがね)

そもそも、

肉体や目に見えるものは、みな「相対」であり、

私たちは「相対」の中に生きているのですから、

「相対」から逃れることはできない。

逃れる必要もない。

しかし、「相対」の世界の中で、
「絶対」を持ちつづけながら、生きていく
ことはできます。

このメールで私が書いたのと同じ、
「絶対」の至福を感じているのだなー、ということがわかる、
新刊のご感想メールを紹介いたします。

_________

(略)

262ページの、自分の成長が一番うれしい、は
ものすごく腑に落ちて、とっても感動しました!!
それだったら、自分メインでできるから。。。
確かに、自分でしあわせ発生できる!って。
必ず相手を喜ばせる、とかだと
できるときとできないときがありますもんね。

そしてそして。エピローグにて、80年のパートナーは。。。
のところで、しあわせすぎて泣いてしまいました。
ほんと、なんてしあわせなんだわたし。。。って。
しあわせは、持ち物なんですね。

(略)

いま、愛いっぱいで、世の中ってなんて
美しいんだーみたいなキラキラ感でいっぱいです。
(また、すぐに忘れちゃうかもしれないけど。。。
そしたらまた、ご本を開きますね)

(略)
_________

彼女が挙げている部分、
「自分の成長」とかエピローグというのは、
まさに「絶対」について書いてある部分です。

そして、

「いま、愛いっぱいで、世の中ってなんて
美しいんだーみたいなキラキラ感でいっぱいです」

は、この「絶対」の無限の至福の状態です。

今流行りのアドラーも

「人間の悩みは全て対人関係の悩みである」

と言っていますが、

「私はこうである」という「絶対」には、悩みは生まれません。

安全で、安定した場所なのです。

セミナーでは、

「絶対」の世界の、時間が消える感覚を、

あなたにもぜひ味わっていただきたい。

宇宙(上で宇宙と言ってしまっていますが)とか
前世とかオーラとか、そういう話はなく、
地に足がついた話ばかりだと思いますが、

感じられる人には、
「時間が消える感覚」を感じていただけると思います。

むしろ、「絶対」の無限の至福は、

地に足がついているからこそ、
この現実の中で、味わえるのもの
なのです。

【3】セミナーの受付を開始しました!につづく・・・