ある

名前の由来は、

1,心の故郷である南インドの聖山。
2,大好きで、一日中見ていても飽きない南インドのヤギは、タミル語でこれ(再生ボタンをクリック!)だった。
3,「在る」とはなんだろう・・・?という疑問。

<著書>
あなたのままで、願いをすべてかなえる本」(中経出版)2010年11月刊行

あるとANNAは同じ人です。
ANNAの本体はあるで、
恋愛や結婚のお仕事に関してはANNAという名前になります。

「どちらで呼べばいいのだろう」とか
ちょっとややこしいかもしれませんが、
あまり気になさらないでください。

恋愛や結婚のお仕事関係者はANNA、
ブログやメルマガを読まれている読者や
「あなたのままで、願いをすべてかなえる本」で私を知った方は
あると呼んでくださっています。

ま、テキトーで。